岐阜県大垣市の行政書士、中村法務行政書士。帰化申請永住許可就労ビザ在留資格等親身に、ご相談にお答えいたします。

HOME > 帰化申請・在留許可等 > 在留特別許可

  • 離婚相談・協議離婚・公正証書作成
  • 岐阜県行政書士会所属 中村一秀 挨拶
  • 暮らしの情報web版
  • 無料講習会のご案内
  • 中日新聞 教えて行政書士相談コーナー

業務対応地域

業務によっては全国対応も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

岐阜県
(大垣市・岐阜市・羽島市・各務原市・瑞穂市・本巣市・多治見市・美濃市・美濃加茂市・可児市  土岐市・海津市・関市・安八町・神戸町・養老町・池田町・大野町・関ヶ原町・笠松町・岐南町など)

愛知県
(名古屋市・北名古屋市・一宮市・稲沢市・愛西市・岩倉市・江南市・清須市・小牧市・犬山市  春日井市・津島市・弥富市・春日町・七宝町・美和町など)

三重県
(津市・桑名市・いなべ市・四日市市・鈴鹿市・亀山市など)

在留特別許可

在留特別許可とは

在留特別許可(Special Permission for Residence)とは、退去強制の対象となる不法滞在者のうち、法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認める者について、その者の在留を特別に許可する制度です。「在特(ざいとく)」などと略されることもあります。


オーバーステイ状態の外国人の方は、本来ならば、退去強制処分を受け外国へ出国後、上陸拒否となる5年の期間を経過してから、ビザの申請をやり直すということになるところです。


しかし、例えば日本人と結婚して小さなお子さんがいる場合など、事情によっては、夫婦の一方が日本から何年も離れるということが、人道上問題があるということもありえます。


そのような場合に特別に在留を認められるのが、入管法に定められた「在留特別許可」という処分なのです。



在留特別許可の手続きが必要な方は、是非とも「中村法務行政書士事務所」をご利用ください。
中村法務行政書士事務所では、お仕事などでお忙しいお客様に代わって、入国管理局への在留特別許可を代行し、全力でサポートさせていただきます!